トップページへ
*
活きびん維新の会(メーリングリスト)
活きびん維新
リターナブルびんの長所
リターナブルびんの現状
活きびん維新をめざして
活きびん維新四箇条
リターナブルびんとびん商
リターナブルびんをとりまく環境
リターナブルびんの現状
回収びんの一覧
Q&A これまでの質問より
リンク集
応援します
更新記録
*
全国びん商連合会
活きびん維新
----------

リターナブルびんとびん商

 活きびん(何度も再利用されるびん)=リターナブルびん

リターナブルびんとワンウェイびん、その関係

 私たちが日常用いているガラスびんには、リターナブルびんとワンウェイびんの二つがあるのを皆さんはご存知ですか?
 リターナブルびんは、空きびんを商品として回収するシステムが社会に存在し、再使用(繰り返しの充填・使用。リユースといいます)が可能なびんで、活きびん・リユースびんともいいます。
 繰り返し使用されるリターナブルびんは、地球温暖化(化石燃料の消費等)の防止など環境負荷の低減を考える上で、優れた特徴をもっています。

リターナブルびんの流通システム図

びん商とは?
写真 写真
酒販店からのびんの回収の様子

びんの洗浄機
写真 写真
積み上げられた、回収したびん
中身を入れられて再び酒販店に並びます

 使用済みのリターナブルびんを商品として回収し、酒類・飲料・調味料メーカーに納める仕事をしているのが私たち「びん商」です。びん商は、江戸時代に酒樽、醤油樽の回収を行っていた「樽屋」や明治時代まだ貴重だったガラスびんを回収した「びん屋」の流れをくむ日本の伝統ある環境産業です。 
 びん商は日本全国に立地し、大半が「全国びん商連合会」の23地域団体に加盟しています。その数は平成17年3月末で664業者に及びます。私たちびん商は、空きびんの流通を通じて皆さんの循環型消費生活を支えるプロフェッショナルです。

   
P箱写真


 空きびんを割れず傷付けずに運搬するために不可欠なのが、プラスチック製の通い箱(通称P箱)です。P箱は中身製品の配送に使われますが、びん同様、それ自体商品として流通し、繰り返し再使用されています。

活きびん維新四箇条← →リターナブルびんをとりまく環境

----------
お問い合わせは「全国びん商連合会」E-mail:info@zenbin.ne.jp TEL 03-3551-5238 まで